Overview

mezzo-forte カーボン・ファイバー製 弦楽器について

黒く、力強く、そして艶のある素材

自動車や工業製品などに一般的に用いられる素材として有名なカーボン・ファイバー。この未来的な素材は、もちろん楽器の素材としても理想的なのです。カーボン・ファイバー製の楽弓は既に市場にも出回っており、特に耐久性や同じ価格帯の木製の弓よりコストパフォーマンスが高い、などのアドバンテージから、その地位を確立しております。しかし、このカーボン・ファイバーから楽器を作る? 誰がそれを使うのか? その質問に答える前に、素材についてじっくり観察してみるのは良いアイディアでしょう。

carbonfiberviolin

300年に渡り変わらないバイオリン製作

バイオリン作りは伝統的な職人の仕事です。事実、それは使用する材料から制作過程の一つ一つまでこの300年以上の長きにわたり、ひとつとして変わることなく続いているのです - 新しい弦の発明を別として。グァルネリやストラディバリの確立した傑作は今まで何度も模倣、あるいはコピーされ、更にはどれだけ「本物の音」に近付けることができるか?という議論に終始しています。それらが理想のバイオリンあるいはチェロの「本物の音」とされ、広く受け入れられているのです。
しかし果たしてそれが真実でしょうか? 目指す「本物の音」はただ1つなのでしょうか。擦弦楽器というのはクラシック音楽だけに適したものでしょうか? この楽器は新しいサウンドを探求するには適してないのでしょうか? 最後に、少なくとも音楽にとって伝統的な木製のバイオリンと高性能なエレクトリック・バイオリンを区別する必要はあるのでしょうか?

carbonfiberviolin

デザインと互換性

私たちのカーボン・ファイバー製弦楽器を良く見てみると、重要な部品は全て従来のバイオリンに採用されているものと同じものを使用していることが分かるでしょう:駒、魂柱、指板、テールピース、あご当て、そしてエンドピン。それに対して、コーナー部分やスクロールなどに通常施される装飾の類いはありません。そのため、初めて見た印象では少し奇妙な形に映るかもしれません。 滑らかなカーブで構成されたこのデザインは、21世紀の楽器を作るにあたってのデザイン・コンセプトの一部です。設計するにあたり、伝統的なバイオリンの形を全て計測し、それらはプレイヤーが演奏しやすいようにこの楽器にも反映しています。そのため、従来の木製のバイオリンとカーボン・ファイバーのこの楽器は問題なく持ち替え可能なのです。

carbonfiberviolin

安定性、そして信頼性

「あ、雨が降ってきた!」木製の楽器を守るためにいつも警戒し続け、そして時にはそのためにステージから降りる結果にもなります。チェロを航空機に乗せるときは? 高いお金を払ってもう1つ座席を確保するから問題なし? 私たちのカーボン・ファイバー・チェロならそのまま預けられます。気象条件の厳しい会場でのコンサートは? これも悩みの種になるかもしれませんね。カーボン・ファイバー製の楽器は全くそのような心配がいらないのです。温度 ?20℃~+50 °C、湿度 0%~100% までの厳しい条件下でも、カーボン・ファイバー製の楽器なら常に高い信頼性であなたに応えます。

carbonfiberviolin

音色、そのレスポンス

カーボン・ファイバー製のバイオリンやチェロを初めて弾いた場合 - そのリアクションは決まって驚きの一言「信じられない!」楽器の展示会、ショー、また店頭で、私たちはその言葉を何度となく聞いてきました。人々は木製でない素材の楽器がそんなに良い音が出るということを信じていないのです。この楽器は暖かさ、輝き、そしてハイポジションを楽に弾けるレスポンスの良さも提供しています。弾いていて純粋に楽しい - 弾きはじめたら止まらないのです。カーボン信望者の道へ、ご招待いたします。

carbonfiberviolin

ハイブリッド楽器であること

クラシックやフォーク・ミュージックではアコースティックな楽器が必要、ロック/ポップ、あるいはジャズではエレクトリックの楽器が必要 - そんな考え方はもう古い。2つを合体させた、アンプに繋いだときも繋がないときも常に素晴らしいサウンドを出す楽器。mezzo-forte のハイブリッドであれば、アンプに繋いでロック、アンプラグド状態でそのままクラシックの室内楽にも使えるのです。

carbonfiberviolin

あなただけの1台を

ミュージシャンによってはカーボン・ファイバーの黒にあまり興味が湧かないかもしれません。私たちは敬意を持って、楽器に RALカラー(*) 256色のバリエーションを用意しました。またカーボン・ファイバーであることを目立たせたくない人のために "Orchestra Line" という、エアブラシによる精巧な木目調のフィニッシュを持つ楽器も用意しました。左利き用の楽器もあります。もしあなたがチェリストで、バッハの無伴奏組曲第6番を楽に弾きたいと考えているならば、上のE線が加わった5弦チェロはいかがでしょう? Low F の5弦モデルもあります。5弦モデルのラインナップについてはお気軽にお尋ねください。

(*)RALカラー:ドイツの標準色票で、工業デザインや建築、ペイント関係など幅広い分野で活用されています。

carbonfiberviolin

全てドイツ製のクオリティ

私たちは「中国製」カーボン・ファイバー製の楽器を決して販売しません。すべての楽器はそのはじめから終わりまで、ドイツにある私たちの工房で作られ、「ドイツ製」のラベルに恥じないクオリティの製品に仕上げています。全ての楽器は、証明書と5年間の保証が付いております。

carbonfiberviolin