yukina

yukina

mezzo-forte との出会い

Interview  at  六本木 C☆LAPS

KID(以下K):楽しいライヴをありがとうございました。改めましてソロ・デビュー、そしてCD発売おめでとうございます。

 

ユキナ(以下Y):ありがとうございます。

 

K:ユキナさんは東京ヴァイオリンのメンバーでいらっしゃいますが、今回ソロ・デビューに至るまでのお話を聞かせていただけますか?

 

Y:きっかけは去年、私のバースデーライブを行ったことでした。そのあと2回めのライヴを行った時に、何か売りたいね、という話になったのですが、そこから一気にCD制作、そして今日のライヴまでとんとん拍子で話が進んで。もうあっという間で、自分でも信じられないくらいです。手帳を見たら1年前の今日は居酒屋でバイトしてましたから(笑)

 

K:確かに凄い変化ですね(笑)。ところで今回のシングル「instinct.」ですが、作曲もユキナさんですか?

 

Y:はい!でもちゃんと1曲形にしたのは初めてだったんです。断片的なものは今までいくつかあったんですが、曲として完成させたことがなくて。

 

K:音大の授業ではやりませんでしたか?

 

Y:作曲の授業は取っていなくて、課題が出た時も作曲科の友達に手伝ってもらったり… なので今回は初挑戦です。

 

K:今日のライヴでは早速CDに入ってない新曲「青」も演奏されていましたね。フル・アルバムの予定はありますか?

 

Y:それはまだですが、曲を増やしていつか作りたいです。

 

K:それでは次に、mezzo-forte のヴァイオリンについてお尋ねします。初めて見たときの印象はいかがでしたか?

 

Y:以前、東京ヴァイオリンでmezzo-forteの楽器と一緒に写真撮影したときは、ホントに撮影だけで、実際に音を出したのが昨年10月、今回のCDのジャケット撮影の時でした。そのときも写真を撮るためにカラフルなmezzo-forteをお借りしたんですが、弾いてみたほうが良い顔になるんじゃない?と気軽に試してみたんです。そうしたら見た目からは想像付かないくらい、音も木のヴァイオリンと同じで、反応も良くて弾きやすくて。すぐに気に入りました。

 

K:それから使ってみて、今はどうですか?

 

Y:私の今やりたい、やろうとしてる音楽にぴったりで気に入ってます。今回のライヴでも数本使わせていただいてますが、チューニングが狂いにくいペグなので、安心できます。好きな色も注文できるようなので、私の好きな黄色にしたいです。

 

K:逆に、改善して欲しい点はありますか?

 

Y:肩当てですね。本体に引っかかる部分がないので、できれば専用の肩当てがあると良いんですが…できれば本体と色も揃えられたらもっと良いですね。コルグさん作ってください(笑)

 

K:頑張ります(笑)。

yukina
yukina
yukina.album

ユキナ 1st CD “instinct.”

¥1,080 (税込)

収録曲

M1. instinct.
M2. とうきょう
M3. Londonderry Air